犬や猫に負担と痛みの少ない腹腔鏡下避妊手術をやっています。

ご報告が遅くなりましたが、今年度より犬や猫に低侵襲(痛みや負担が少ない)な腹腔鏡避妊手術を実施するために、腹腔鏡手術(ラパロ)の設備を導入しました。

腹腔鏡手術は、上の写真のようにポートと呼ばれる直径5mmほど穴をお腹に開けて筒状の管を2−3個設置して、そこからガスでお腹を膨らませてカメラや器具をいれモニターを見ながら行う手術法です。

通常行う開腹手術と比べて、傷も小さく内臓を無理に引っ張ったり空気に触れたりすることもないため内臓の損傷が少ないため、とても低侵襲に手術を行うことができます。そのため術後の痛みも少なく回復もスムーズなので犬や猫にできるだけ痛みやストレスを与えずに行うことのできる最善の方法だと思います。

当院では外部より2名の先生にアドバイザーに来ていただき、腹腔鏡手術を行っております。
先日は、犬の避妊手術・肝生検・膀胱結石摘出手術を行いました。
手術前にスタッフ全員で腹腔鏡手術の準備するものや手技などの説明を受け、手術をスムーズに行えるようにしています。スタッフ達も真剣です。^^
モニター越しに見ているお腹の中を静止画で撮ってみました。避妊手術での卵巣(左)・肝生検(中)・膀胱内の結石(右)
通常だと、黙視やお腹をがばっと開けてみないと確認できないところが鮮明に見えるため、とてもわかりやすく内臓の負担を最低限に手術を行えます。

腹腔鏡避妊手術で実施した術後の傷口です。わかりやすいように避妊手術を開腹手術で行なった場合と並べています。今回は2ポート法で腹腔鏡下避妊手術を行ったので2糸の縫合で行えます。避妊手術であれば通常の開腹手術の傷口の1/2〜1/3程度で行うことができます。

腹腔鏡手術は、手術の傷口が少なく痛みや負担が少なく日帰り手術が可能で治りが早いというイメージが一般的ですが、それ以外にもカメラをお腹の中に入れてお腹の中を観察することができるため、お腹の中全体の状態を見ることができるというメリットがとても大きいと思います。

当院では特に避妊手術での腹腔鏡手術をとてもお勧めしています。
傷口が小さく、卵巣や子宮を無理に引っ張らずに手術を行うことができるため開腹手術にくらべるとかなり痛みの状態が軽減されびっくりするくらい元気に退院されていきます。それと同時に、肝臓や腎臓、脾臓などの臓器も観察できるため見える臓器の健康チェックも一緒にできます。
避妊手術は病気ではなく健康な状態で行う予防的な手術になります。健康で病気でない子にメスをいれて手術をするのであれば、腹腔鏡下避妊手術だと低侵襲で同時に健康チェックもできるため現在おすすめできる最善の方法ではないかと思います。

現在当院で実施可能な腹腔鏡手術は、
・避妊手術
・腹腔内停留睾丸(停留精巣・潜在睾丸)摘出術
・膀胱結石摘出手術
・腹腔内臓器の生検(バイプシー)
を行うことができます。その他の手術などをご希望の場合は要相談となります。
腹腔鏡手術をご希望の場合は完全予約制となりますので、お電話にてお問い合わせお願いいたします。


犬や猫の吐き気が収まらない。身近な物を食べてしまっている(誤飲)場合もあります。

消化のしづらいものや消化できないものを食べてしまう。異物の誤飲は、犬や猫の内視鏡を使う検査や治療では比較的多い病気です。

今回は、1ヶ月ほど前から吐き気の止まらない猫ちゃんのお話です。
他院で吐き気どめの薬をもらい飲んでいたが、薬を飲んでも吐き気が止まらない。食欲は普通にあるけど、週3回ほど吐いているということで来院されました。
お腹を触ると、痛みがあるようです。レントゲンを撮ってみると、
よーく見ないとわかりづらいですが、胃の中に何かあるようです。
尖ったリング状のもので何か食べていないか聞いて見ましたが、心当たりはないみたいです。

麻酔をかけて内視鏡を挿入してみると
薬の空シート(PTPシート)が見つかりました。そのまま、摘出する処置に入ります。

 

摘出の動画です。



摘出後は胃の状態をもう一度、内視鏡を挿入して胃壁の具合を確認しました。
PTPシートのあった場所は、茶色く変色しており潰瘍がおきていました。
摘出したPTPシートの写真です。

退院時に確認してもらいましたが、猫ちゃんに処方されたお薬ではなかったみたいです。

猫は好奇心がとても強いため、遊びがエスカレートしていくうちに遊んでいるものを飲み込んでしまうことが多いです。小さいものであれば、便(うんち)と一緒に自然に排泄されることもありますが、うまく通過できない場合は内視鏡や開腹手術が必要になるケースも多く遭遇します。

異物の誤飲は、身の回りでよく遊んだりいたずらしているもので飲み込んでしまいそうなものを側に置かないようにすることで予防できる病気です。好奇心の旺盛な子、いたずらっ子は要注意!?身の回りの生活スペースをよく観察してあげましょう。


胃腸の内視鏡の目次

みなさんが一番身近ですぐにイメージされる内視鏡、胃カメラについてのお話です。直径5−6mmのカメラを用いて食道や胃、十二指腸、大腸を観察することができます。また、異物の摘出や腫瘍などのできものを検査や治療をすることができます。

1.異物誤飲
  ・食道内異物
   ⇨001.骨型のガム
  ・胃内異物
   ⇨001.薬のシート(PTPシート)


犬や猫の口臭や歯石は、思ったよりも早めに検査や治療が必要です。

「犬や猫の歯石、だいぶついてきたからそろそろ歯石とりをしようかな?」
「口臭が気になるから、そろそろ歯石とりをしようかな?」

みなさんは、どのようなタイミングで歯石とりの相談を考えていますか?

上の写真は、歯石とりを希望され来院されたわんちゃんの口の中の写真です。
犬歯には半分ほど、奥歯にはほぼ全面に歯石が付着しています。
このくらいの状態で歯石とりや歯の相談をいただくことが多いです。

口の中の状態は、見た目よりも酷い症状の場合が多いため、このくらい歯石がついている状態だと残念ながら、抜歯をしなければいけない場合も多く遭遇します。

麻酔をかけて近づいてよく歯の状態を観察してみると、
歯石の周りにネバネバした歯垢がたくさん付着しています。


歯石と歯垢を除去してみると、歯肉が退縮していました。歯石は、表面がザラザラしているため歯垢がくっつきやすく細菌が繁殖しやすい状態になるため、歯周病の進行が早まり歯肉の減退や、骨を溶かしていきどんどん症状が悪化していきます。

デンタルレントゲンを撮ってみると、炎症により骨が溶けていました。歯石や歯垢がついたままの状態で放置していれば骨はどんどん溶けていくため、下顎で歯周病が進行している場合は、骨折を引き起こす場合もあります。


治療としては、歯周病によりこれ以上骨が溶けてしまうことを予防するため、抜歯による治療が基本となります。

抜歯した後は、きちんと取り残しがないか確認のデンタルレントゲンを撮ります。取り残しがないことを、確認できたら治療は終了となりますが、他の歯も骨が溶けているため、歯みがきと定期的な歯の検査を行いできるだけ歯周病が悪化しないように定期的なケアが大切になります。

口の中の疾患は、食欲も元気もあるため歯石がついているのは気になるけど、まだうちの子は大丈夫と、なぁなぁになっている場合は意外と多いです。
歯の中の状態は、デンタルレントゲン検査でしか確認できないため、なるべく早めの段階で状態を把握して対策してあげないと、病態が進行してしまい気付いた時には歯を抜くしか方法がなくなってしまう場合が多いのです。

少し早めの歯科相談や歯石とり、歯みがきの習慣化を心がけてあげることで歯を抜かないで済むことができます。犬や猫の口の中の相談は少し早めを心がけてあげましょう。

●こんな症状が見られたら、すぐにご相談・ご来院ください。
□よだれが多い、口の中がネバネバしている
□口の中が臭い
□歯石がついている
□歯茎が赤い
□口の中が出血している
□細菌歯が伸びたきがする
□歯がぐらついている
□食欲がおちてきた
□硬いものを噛まなくなった(食べなくなった)
□口を触ると嫌がるようになった



お口のなかは大丈夫?犬や猫の歯垢(歯石)や歯周病は、命に関わる場合もあります。

犬や猫の歯科診療を実施している中で、歯石や歯周病での相談されることは多いですが、”もう少し早く相談して欲しかった”と思ってしまうケースはかなりたくさんあります。
この写真の、重度の歯周病のわんちゃんもそうでした。
歯がつながってしまうくらいに歯石が蓄積しており歯垢がかなり付着しています。
3日前より全く食べなり、口を触るとかなり痛がるようになったと来院されました。診察していくなかで、以前より体重が2kgほど減っているようです。話を詳しく聞いていくと、2−3ヶ月ほど前からドライフードを食べなくなり柔らかいフードに変更してなんとか食べていたみたいですが、いよいよもって食べなくなってしまい来院されたとのことでした。

健康な子であれば、急に食べなくなったり好みが急に変わったりすることはほとんどありません。いつも食べているものを急に食べなくなるという症状はなんらかの病気のサインである場合が多いです。とくに、犬や猫の歯科疾患の場合には見られやすい症状です。
歯のあたる部分の粘膜は真っ赤に炎症をおこしてしまっています。とても痛そうです。診察に来ていただいた時は、口を触ろうとするとかなり痛がりほとんど診させてもらえませんでした^^;

血液検査でも白血球の増加と炎症マーカーが測定値オーバー…歯原性菌血症をおこし敗血症をおこし始めています;;このままでは危険なためすぐ入院をおすすめして、抗生剤と点滴を投与しながら数日間治療、全身状態の安定化させてから歯科治療を実施しました。
※術後の写真
どの歯もかなりよくない状態のためほとんどの歯を抜歯しています。抜歯したあとは、炎症でできた不良肉芽をできるだけきれいに除去して歯茎を縫合しています。
歯肉のダメージも激しかったため、縫合がとても大変でした。術後は、医原性菌血症も起こすため状態が悪化する恐れもあるため、点滴と抗生剤を全身投与しながら数日間入院して状態を観察してからの退院となります。

※治療前後の写真
粘膜におきていた炎症もほとんど無くなりました。

※治療前後の比較写真少し遠目で。

治療開始後10日目の写真です。縫合部も問題なくくっつきました。血液検査でも白血球数も炎症マーカーも無事に正常値に^^
体重も1kgほどふえており、無事に完治することができました。

口の中は暖かく、湿度もあり、栄養も豊富なため細菌がとても繁殖しやすい環境です。歯垢の中の細菌の数はかなり多く、同じ量のウンチと比較しても圧倒的に歯垢中の細菌の数の方が多いです。

歯周病は、細菌により引き起こされた炎症により歯を支えている顎の骨が溶けていくとても怖い病気です。歯石や歯垢(プラーク)をそのまま放置していると口の中で炎症が起こり咀嚼運動をしたときに口の中血管が切れて出血をおこします。切れた血管の中に細菌が入りこみ菌血症をおこしてしまいます。抵抗力のある若い間は一過性の場合も多いですが、高齢の子や何らかの病気で抵抗力の落ちている子は敗血症に移行してしまい命に関わる程の重篤な状態になることもあります。

わんちゃんやねこちゃんの口の中は、何もやらなくて良いわけではありません。
皮膚病や内臓疾患などと同様に定期的な健康チェックや健康診断はとても大切です。毎日の歯みがき定期的なチェックや歯石取りをしてあげることでほとんどの場合は未然に防ぐことができます。

当院では、犬や猫の歯科治療のほかに、口の状態の観察を行わせていただきよりその子にあった歯みがきのやり方やコツなどを定期的にアドバイスも行っております。
なんとなく歯みがきや歯のケアをするのではなく、よりその子にあったデンタルケアをしてみませんか?

●こんな症状が見られたら、すぐにご相談・ご来院ください。
□よだれが多い、口の中がネバネバしている
□口の中が臭い
□歯石がついている
□歯茎が赤い
□口の中が出血している
□細菌歯が伸びたきがする
□歯がぐらついている
□食欲がおちてきた
□硬いものを噛まなくなった(食べなくなった)
□口を触ると嫌がるようになった