犬や猫がくしゃみをする。鼻水・鼻血がでる。口鼻瘻管かもしれません。

犬や猫が、くしゃみや咳をするようになった。
動物病院で薬を処方され飲んでるときは調子良かったけどまたすぐにでてくるようになった。鼻水や鼻血が出るようになった。
など、鼻に問題があるようにみえても、実は歯に問題がある場合も比較的多いです。
今回は、口鼻瘻管のお話です。

3年ほど前から鼻水がでてくるようになりかかりつけ医で高齢のため全身麻酔は難しい。昨年てんかん発作がでてくるようになりMRI検査を2回実施したが低血圧になったため麻酔は難しいと言われ、抗生剤を数年飲んでいるが改善がなくなんとかならないかとの相談です。
来院当日の写真です。左外鼻腔より膿性の鼻汁が漏出してとても苦しそうです。
口の中の写真です。犬歯の前後と粘膜面に白いもやもやしたものが確認できました。
16歳という年齢でしたが、抗生剤の投与にて改善が見られないことと、MRI検査であれば数時間は麻酔をかけているはずのため、術前検査と麻酔時の緊急時の対策をしっかりとしていれば十分治療可能ではないかと判断し検査と治療を組み立てしました。
慢性的に炎症を引き起こしていたため、炎症系の数値はかなり高かったですが、心臓&腎臓、肝臓、止血機能なども特に異常はなく麻酔をかけるには問題なさそうです。麻酔時の対処や中止する状態などをしっかりと説明させてもらい歯科処置を実施しました。
歯科レントゲン検査にて確認すると
左上顎の第3切歯から前臼歯にかけて、骨吸収が認められました。歯周病がひどいため、骨を溶かしてしまい年数も経っているせいか広範囲に口鼻瘻管ができてしまった状態です。
症状を改善するために残念ながら抜歯をしないといけないため原因となっている場所の歯を抜いていきます。
鼻の中にはたくさんの壊死組織がありました。できる限りきれいに取り除いていきます。
きれいに取り除いた直後の写真です。
この後は不良肉芽を除去しながら丁寧に縫合していきます。
縫合直後の写真です。
麻酔時も大きなトラブルもなく血圧も安定してくれたため、しっかりと治療ができました。
今後は縫合部が広範囲のため理解しないように注意深く観察していきます。
術後2週間目の写真です。
縫合部も特に問題ありませんでした。きれいに治りました♪
鼻汁の漏出もバッチリ治っています♪^^

歯周病は歯茎に炎症を起こし歯を支える骨を溶かす怖い病気です。
『犬や猫の口鼻瘻管』は、歯周病により口と鼻を隔てる骨を溶かしてしまい穴が空いた状態になります。
そのまま放置すると、慢性鼻炎や副鼻腔炎、肺炎など呼吸器系の症状を引き起こすこともあります。
抗生剤や消炎剤などの内服により一時的に症状が改善することも多いですが、原因をしっかりと診断をし治療しないと内服のみの治療で症状をおさえるのは厳しい場合が多いです。
今回のケースは、内科的治療で数年間経過したためとてもひどい状態でしたが、できれば症状の軽いうちに治療してあげると犬や猫に対するストレスも少なく治療できます。
歯が原因かもしれないけど薬で落ち着いたから大丈夫。ではなく、歯周病のケアも考えてあげましょう。

⇨⇨⇨ご相談・ご予約はこちらをクリック

●こんな症状が見られたら、すぐにご相談・ご来院ください。
□鼻水や鼻血がでるようになった
□くしゃみや咳が増えた
□飲水時に、むせる、咳・くしゃみをする
□よだれが多い、口の中がネバネバしている
□口の中が臭い
□歯石がついている
□歯茎が赤い
□口の中が出血している
□最近、歯が伸びたきがする
□歯がぐらついている
□食欲がおちてきた
□硬いものを噛まなくなった(食べなくなった)
□口を触ると嫌がるようになった

#動物病院#動物歯科#歯石除去#歯石取り#歯石除去手術#犬歯石#犬歯みがき#犬歯周病#猫歯石#猫歯周病#猫歯肉炎#避妊手術#外耳炎#宮城県#仙台市

 


犬や猫の歯石?歯周病?様子を見ても大丈夫?犬猫でも定期的な歯のクリーニングはとても大切です。

春の予防シーズンも中盤となりました。狂犬病の予防接種はお済みですか?
狂犬病注射は、6月までに接種を終わらせることが法律で義務付けられています。まだ予防がお済みでない方は忘れずに接種していただきますようお願いいたします。
春の予防シーズンに合わせて当医院では、毎年フィラリア予防に来ていただいているオーナー様向けに身体検査を必ず行っています。その中に、歯石や歯垢の付き具合や歯周病など歯の状態についても毎年必ず状態をお知らせしています。
今回は、予防に来ていただいたわんちゃんのお話です。

身体検査時に、奥歯の歯のグラつきと歯周病が見られたため後日、麻酔をかけての歯石取りと歯科検診を実施しました。
麻酔をかけた直後の写真です。ぱっと見るとそんなに歯石もついてないし結構きれいではないか?と思うオーナー様も多いのではないかと思います。
よーく見ると、一番奥の歯に出血があり、犬歯周囲に歯垢が歯茎周りについています。
拡大してみると、上のような状態です。どちらの歯も、力を加えると歯がぐらつき歯茎の中から歯垢がにゅるにゅるとたくさんでてきます。
歯のレントゲンを撮ってみると、
奥歯の方は、歯槽骨が炎症により骨が溶けています。犬歯は、乳犬歯が折れて残根が残り、内歯瘻(歯茎に穴が空いている)と口鼻瘻管(口から鼻に穴が空いた状態)が確認されました。
残す治療は難しいため、今回はどちらも抜歯を行います。
ぱっとみて、歯が白いから問題ないわけではありません。意外と重症化している場合も多々あります。歯石だけではなく口臭や歯垢のつき具合、歯や歯茎の状態などいろいろ確認をしながら歯石取りが必要か?麻酔をかけての歯科検診や歯の治療を実施しています。きれいだから大丈夫と言われたけど、本当に大丈夫か不安だと思われた際にはお気軽にご相談ください。

⇨⇨⇨ご相談・ご予約はこちらをクリック

●こんな症状が見られたら、すぐにご相談・ご来院ください。
□よだれが多い、口の中がネバネバしている
□口の中が臭い
□歯石がついている
□歯茎が赤い
□口の中が出血している
□最近、歯が伸びたきがする
□歯がぐらついている
□食欲がおちてきた
□硬いものを噛まなくなった(食べなくなった)
□口を触ると嫌がるようになった

#動物病院#動物歯科#歯石除去#歯石取り#歯石除去手術#犬歯石#犬歯みがき#犬歯周病#猫歯石#猫歯周病#猫歯肉炎#避妊手術#外耳炎#宮城県#仙台市

 


犬の足が痒い!趾間炎のお話、薬以外の対処法もあります。

犬の足を痒がる、よく足を舐める、びっこを引くなど、足の指の間の炎症『趾間炎』は動物病院によく来院される皮膚の病気です。
今回は、歯石取りで来院されたオーナー様に、かかりつけで皮膚の治療をしているとのことで歯の診察と共に少し見てほしいと相談され診察しました。

四肢の趾間に炎症が見られます。特に写真の部位は少しジュクジュクしていました。
アレルギーと診断されており内服薬とシャンプー、軟膏などを処方されているとのこと。
基本的な治療はされているようなので、日常のケアの方法などを少しアドバイスさせていただきました。歯の方で治療もあったため2週間後に観察すると赤みが全体的に引いてきています。
もう少し、ケアを継続していると次第に良くなってくるかと思います。
アレルギーやアトピーと診断された場合は、なかなか内服が切れなかったり、サプリメントや軟膏、シャンプー療法などいろいろなケアも必要になってしまう場合も多いです。今回は、歯周病のわんちゃんに多いケースの対策法を少しお話しし、難しいケアではなくとても簡単なケアで治療をしています。内服薬の追加などは行っていません。

歯周病は、皮膚炎など様々なところに影響が及んでいることも意外と多いです。ちょっとした疑問も相談していただくことで皮膚病など一緒に治療を行うことも可能です。お気軽にご相談ください。

⇨⇨⇨ご相談・ご予約はこちらをクリック

●こんな症状が見られたら、すぐにご相談・ご来院ください。

□よだれが多い、口の中がネバネバしている
□口の中が臭い
□歯石がついている
□歯茎が赤い
□口の中が出血している
□最近、歯が伸びたきがする
□歯がぐらついている
□食欲がおちてきた
□硬いものを噛まなくなった(食べなくなった)
□口を触ると嫌がるようになった

#動物病院#動物歯科#歯石除去#歯石取り#歯石除去手術#犬歯石#犬歯みがき#犬歯周病#猫歯石#猫歯周病#猫歯肉炎#避妊手術#外耳炎#宮城県#仙台市


大型犬の腹腔鏡下避妊手術もできます。

暖冬の新年、今週は気温も暖かく黄砂も車に積もったかと思いきや、あっという間に冬に逆戻り。今年初めて仙台でもまともに雪が積もりました!寒暖差も激しく、人も犬猫も順応が大変です。体調の変化にはくれぐれもお気をつけください。

今月は、大型犬の腹腔鏡下避妊手術もありました。
年末に、子犬のシベリアンキーちゃんの避妊手術のご相談を受け
2月にご予約をいただき先日実施しました。
大型犬はどんどん成長しますね。あっという間に大きくなってました^^
※画像はイメージです。

当院では生後5ヶ月位から避妊手術をおすすめしてます。
飼いはじめの時期は、混合ワクチンや狂犬病などの予防も重なるため、予防がひと段落するとあっという間に避妊&去勢手術の時期になります。
大型犬の避妊手術は、成長と共に小さいわんちゃんに比べると内臓に脂肪がつきやすいため、避妊手術の時間がかかったり傷口が大きくなってしまいます。そのため、少し早めに生後4ヶ月ごろから避妊手術を進める場合が多いです。
今回は、生後1歳での腹腔鏡下避妊手術で実施しました。
"大型犬の腹腔鏡下避妊手術もできます。" の続きを読む


2.犬や猫の鼓膜のおはなし

今回は、耳の内視鏡「鼓膜について」のお話です。厳密にいうと、水平耳道から鼓膜までの構造や特徴についてのお話になります。

外耳炎の時に行われる耳鏡やVOS(ビデオトスコープ)による検査は、耳の入り口から鼓膜までの耳垢の性状や、耳道の状態、鼓膜はどうなっているか?までを観察しています。
特に鼓膜付近の観察は外耳炎の治療にはとても大切な場所です。
鼓膜は、外耳と中耳を隔てる膜のことで、音を振動に変えて内耳に伝える役目をしています。
鼓膜は、上の図の白っぽく見える鼓膜弛緩部と下の半透明の鼓膜緊張部で構成されています。
VOS(ビデオオトスコープ)検査(下の写真(写真左))で見るとこんな感じに見えます。

耳道と鼓膜の付着しているあたりからは、耳毛(写真右)が生えていて耳毛の多い犬種などは耳垢が絡んでしまい耳垢の排出がうまくできずに外耳炎のおこす一因であると言われています。
■耳の部位別の役割
外耳は、音を集音して鼓膜で音を振動に変換をします。
中耳は、音の増幅と耳の防御や排水、換気などの役目をしています。
内耳は、音の振動を神経刺激への変換と旋回の認知、重力を脳に伝える役目をしています。
外耳炎の治療を行う場合は、この鼓膜付近の状態を観察しながら現在どういう状態なのかを耳鏡検査で確認して治療を組み立てていきます。水平耳道(A)は、頭蓋骨に侵入する部分でやや凹んだ構造をしており、この部分が耳垢が堆積しやすい構造をしています。水平耳道と鼓膜の接合する部分(B)も、V字状に少し窪んだ構造をしているため、このAとBの部分に耳垢が堆積してしまい外耳炎がなかなか治らない場合が多いと言われています。また、水平耳道のこの凹んだ部分(A)から、耳毛が生えているため耳毛の多い犬種などは耳毛と耳垢が絡んでしまい外耳炎の慢性化の起因となるとも考えられます。

耳道の構造に特徴のある犬種もいます。パグは一般的な犬種に比べて耳道が狭く、フレンチブルドッグは縦長の構造をしているため耳の病気が多い犬種です。パグもフレンチブルドッグも外毛が硬いため、耳の中に落下した外毛が鼓膜に刺さった状態で観察されこれが痛みや痒み、炎症の原因になっていることもあります。
そして、 慢性外耳炎や再発を頻繁に繰り返していると、脂腺や耳垢腺の過形成などの炎症が慢性化し改善できていないサインが見られる場合があります。改善されない原因は先天的なもの(脂漏犬種、耳毛など)・後天的なもの(内分泌、腫瘍、環境など)など様々な原因があるため、その原因を突き詰めながらなるべく良い状態に改善できるように治療を考えていきます。

鼓膜付近に異常のあった子の例
●1−2ヶ月程前より、耳を痒がっているという子です。


VOSで耳道内を検査したところ、腺の過形成と耳道の狭くなった部分に耳毛を絡めて巨大な耳垢が存在しました。耳道洗浄で巨大な耳垢除去しましたが、鼓膜弛緩部が腫れていました。

●耳垢により鼓膜穿孔の見られていた子
この子も鼓膜の手前に巨大な耳垢が詰まっていました。経過が長かったと思われます。摘出後、鼓膜穿孔が見つかりました。

●真珠腫性中耳炎をおこしていた子

鼓膜が丸く隆起しています。時間はかかりましたが、治療により改善してくれました。

耳洗浄や耳掃除と点耳液や飲み薬を処方されたが、なかなか改善されない場合は、耳の奥に問題がある場合が多いです。
ビデオオトスコープでの耳の検査は、今まで見れなかった所を精細に診ることができます。耳の奥に問題があるときは、原因を除去することによりだいぶ落ち着いてくる場合が多いです。
犬や猫の外耳炎がなかなか治らない場合には、一度観察することも良いかもしれませんね。

〜〜〜こんな症状がみられたら、お早めに相談を!〜〜〜
□耳が痒い
□耳を擦り付けている
□耳が臭い
□耳垢が多い
□耳が赤い
□耳の周りが、脱毛や毛玉がある
□慢性外耳炎と言われている
□洗浄液や点耳液を常備している

#宮城県#仙台市#動物病院#ビデオオトスコープ#犬の外耳炎#猫の外耳炎#慢性外耳炎#治らない外耳炎