よく「老人イボ」と言われる皮膚に発生する腫瘤(イボ・できもの)。多くの場合は良性ですが、悪性の場合もあるため注意が必要です。ひどくなり全身麻酔ができない場合に、レーザー蒸散法という方法もあります。

こんばんわ。仙台は本日で27日連続の雨…
雨は嫌ですが、気温も涼しく熱中症の子も今年は少なくて、今シーズンはすごしやすくていいなと思っていたら。病院内の洗濯物が乾かない!乾燥機がフル稼働…病院裏は猛暑となっております。今回は、最近治療していた局所麻酔での半導体レーザー蒸散法で皮膚の腫瘤(イボ)のお話です。

頭や背中などにぽこっとできた「イボ(できもの)」。「老人イボ」だから大丈夫!といわれたと、聞くことも多いです。多くの場合は良性腫瘍ですが、中には悪性の場合もありますのでそのまま放置していても100%大丈夫というわけではありません。

皮膚にできた腫瘤(イボ)


続きをよむ


"よく「老人イボ」と言われる皮膚に発生する腫瘤(イボ・できもの)。多くの場合は良性ですが、悪性の場合もあるため注意が必要です。ひどくなり全身麻酔ができない場合に、レーザー蒸散法という方法もあります。" の続きを読む


8月に入りました。病態の重い子の入院や手術が続いております。

7月は、病状の重い子もいつもの年と比べて少ない感じで溜まった書類の整理や散乱した読みかけの医学書を読める時間も多くのんびりとした病院内でしたが、8月に入ってからは重い病態の子の入院や手術が立て続いてしまい、連日深夜の入院した動物たちの見回りや立て続けの夜間オペなどで少し寝不足と疲れ気味です。

できればお盆前に帰してあげたかった子もまだ入院しています。だいぶ元気になってきましたが、病院のお盆休みは返上になりそうです。そんな、日が続いてバタバタしているところに、薬棚のところにハガキが置いてありました。
先日、歯科治療で来院されたオーナー様よりの届いたお礼のハガキ、まいちぇるにもまた会いにきますね。と嬉しい一言も!疲れがたまり、もう体力的にも限界と思っていたところで、病気の子が元気に回復している姿や、こういったお葉書が届いたりすると、獣医師をやってよかったな!また頑張ろうと疲れていてもやる気が湧いてきます。おハガキを頂きありがとうございました。

現在も、夜間の入院の見回りの合間で、このブログを書いています。さて、入院している子たちのために、もう少し頑張ります!