傷口の小さく痛みの少ない犬の腹腔鏡下避妊手術とは?

今回は、Youtubeの動画AI判定により動画が見れない状態になったため、犬の腹腔鏡下避妊手術のご紹介の再投稿となります。

腹腔鏡を使った犬の避妊手術をご存知ですか?
当院では、病気ではない手術(避妊手術)にもっとも負担の少ない手術法として、
2019年に腹腔鏡手術の設備を導入しました。
腹腔鏡手術は、開腹手術とは全く違う手術法のため1から勉強や技術の習得が必要です。
2016年から、腹腔鏡のスペシャリストの獣医師の元で月に数回ほど手術の見学や技術や知識を学び3年目で師匠よりOKをいただいた上で導入し何回かの当院に来院してスタッフも指導していただき無事に導入の運びとなりました。

腹腔鏡手術とは、内視鏡を使った手術法でお腹を炭酸ガスで膨らませてカメラと手術器具を入れてモニターを見ながら行う手術法です。
開腹手術に比べて、傷口が小さく臓器が空気にさらされたり無理にテンションをかけることも少ないため体の負担が少なく痛みもほとんどなく手術を行うことができます。

実際の手術の動画です。
苦手な方は、視聴は、ご遠慮くださいね。


腹腔鏡下避妊手術のメリットは、痛みが少ないだけではありません。
お腹の中全体を除くこともできるため、肝臓や胆嚢・脾臓や腎臓・膀胱などお腹の臓器を肉眼で視診できることも一つのメリットです。
開腹手術では、できるだけ大きく切開しないといけないためこれも大きな利点です。
また、血管も拡大されてしっかりと確認しながら手術を行えるため安全に手術を行うことができます。
上の写真は、胆嚢と右肝臓の確認をしています。真ん中の写真のようにモニターでお腹の中を確認しているので、器具とカメラしかありません。
右の写真のように、血管がくっきりと見えているため安全に止血操作をすることができます。

当院では、ほとんどの腹腔鏡下避妊手術は2ポート法で行っているため術後の傷口は2ヶ所(2糸)になります。
通常の開腹手術との傷口の写真の比較です。
通常の開腹手術では、4−5糸程度の縫合が必要ですが腹腔鏡下の避妊手術では、よほど大きい子宮でない限りは2糸の傷口ですみます。

術後の痛みもなく、当日は元気にほとんどの子が退院していきます。
術後7−10日程で抜糸に来ていただき、抜糸が終われば手術は無事に終了です。

犬や猫の腹腔鏡下避妊手術は完全予約制となります。
手術のご相談やご予約はお電話にて承りますのでお気軽にお問い合わせください。


犬の歯がざらざら、ボコボコしている?歯冠修復(エナメル質)という治療法もあります。

今回は、犬のコンポジットレジンを使用した歯冠修復のお話です。
歯の表面は、硬いエナメル質という層で覆われています。
幼若期にウィルス感染や栄養不足、外傷などの何らかの原因によりエナメル質が弱くなる「エナメル質形成不全」という病気や、硬いものを噛んだりして強い圧力がかかり欠けてしまったり、摩耗してしまう場合など「エナメル質の欠損や摩耗」の場合もあります。

エナメル質の欠損がひどいと、知覚過敏を引き起こして痛みがでてきたり、歯の表面がツルツルではないため、歯垢や歯石もつきやすいため歯周病の進行がはやまったり、ひどい場合には露髄してしまい顔が腫れたりする場合もあります。

犬や猫は、あまり痛みの表情をださないこともあり、いつも通りに見えたり、痛くない方で避けて食べてて気づかなかったりと、見過ごしてしまう場合も多いかと思います。

今回は、エナメル質が欠損した場所をコンポジットレジンというプラスチック製の歯の詰め物を使って修復しました。
治療前の写真
歯石が重度に付着してねばねばした歯垢がかなり沈着しています。
きれいにクリーニングして歯の状態を観察していきます。
歯の中央に大きくエナメル質が欠損しています。
表面を薄くダイヤモンドのドリルで研磨して、コンポジットレジンというプラスチック系の歯の充填材を用いてきれいに整えると右の写真のようにきれいに穴が埋めることができます。

歯みがき時に気づいたりして動物病院で相談しても様子をみてもよいと言われたと相談されるケースも多いです。痛みを感じていないケースでも、歯面がざらざらしているため歯垢や歯石もつきやすくなるため、歯周病の進行を早めてしまうケースも多いです。歯みがきできれいにしやすくなるというメリットもでてくるため、当院では、なるべくコンポジットレジンできれいに整えることをおすすめしています。

現在、歯石取り(+歯科検診)の冬のキャンペーンを当院では行なっております。下記のような症状が見られた場合は、お気軽にご相談ください。

●こんな症状が見られたら、すぐにご相談・ご来院ください。
□よだれが多い、口の中がネバネバしている
□口の中が臭い
□歯石がついている
□歯茎が赤い
□口の中が出血している
□最近、歯が伸びたきがする
□歯がぐらついている
□食欲がおちてきた
□硬いものを噛まなくなった(食べなくなった)
□口を触ると嫌がるようになった

#動物病院#動物歯科#歯石除去#歯石取り#歯石除去手術#犬歯石#犬歯みがき#犬歯周病#猫歯石#猫歯周病#猫歯肉炎#避妊手術#外耳炎#宮城県#仙台市


年末年始のお休みのお知らせ

今年も、あと半月ほどで1年が終わろうとしています。
数年続いたコロナの規制も緩和され、いろいろな制限もだいぶ解除されてきましたが、戦争もおこり物の供給不足と円安による値上げなどまだまだいろいろな我慢はしばらく続きそうな年が続きそうですね。

〜〜〜年末年始・1月の臨時休診日お知らせ〜〜〜
・2023年
 12月30日(土)午前診療・午後休診
 12月31日(日)休診日
・2024年
 01月01日(月)休診日
 01月02日(火)休診日
 01月03日(水)休診日
 01月04日(木)休診日
 01月05日より、通常診療開始
・臨時休診日
 01月08日(月)臨時休診日

〜〜〜冬のキャンペーンのお知らせ〜〜〜
毎年恒例2023年12月01日〜2024年2月29日まで、冬の健康診断と歯石取りのキャンペーンを行なっております。通常より、お得に健康診断と歯石とりが行えます。毎年、後半になると予約が混み合い予約が取りづらくなります。
冬の健康診断は、ほぼフルスクリーニング、歯石取りは、歯科検診や歯科レントゲン検査が全て込みで実施しております。口の中の環境を改善し、健康診断にて何か体で起きていないか?早期に発見、できるだけ早期に治療することが、健康で長生きできるポイントとなります。
健康診断&歯石取りを希望される方は、なるべくお早めにご予約のほうお願いいたします。

今週からクリスマスあたりまで、寒い日が続きそうです。
動物たちも、気温差で体調が崩しやすくなります。
体調の変化には、気おつけて何か様子のおかしい場合は、お早めにご相談ください。



犬の慢性外耳炎:適切な治療とケアでここまで落ち着きます。

慢性外耳炎と診断され、かゆみや再発を繰り返していたり、点耳薬を常備薬として処方されているオーナー様は意外と多いのではないでしょうか?

今回は、慢性外耳炎と診断されたわんちゃんのお話です。
慢性外耳炎と診断され、点耳薬を処方されていたが再発を繰り返しているという相談でした。耳の洗浄後、耳の奥をのぞいていくと耳道の中が黒っぽくぷつぷつと耳垢腺が腫れていて耳道も狭くなっています。鼓膜周辺も、耳垢がびっちりと詰まってました。
治療方針を説明して定期的に通院してもらいながら、その子その子にあった治療を実施していきます。
治療後の写真
耳道内の耳垢腺の腫れもなくなり、耳道も広くなりました。鼓膜もきれいに観察することができるようになりとても良い状態になりました。
今後は、定期的に観察させていただき徐々に通院間隔を伸ばしていきます。
犬の外耳炎はいったんこじれてしまうと、通院回数もおおくなり、長期間治療するケースも多いです。また、慢性的に痒みや痛みを感じているため、治療を嫌がるようになってきます。できるだけ、早期に発見ししっかりと落ち着かせることがとても大切です。

〜〜〜こんな症状がみられたら、お早めに相談を!〜〜〜
□耳が痒い
□耳を擦り付けている
□耳が臭い
□耳垢が多い
□耳が赤い
□耳の周りが、脱毛や毛玉がある
□慢性外耳炎と言われている
□洗浄液や点耳液を常備している

#宮城県#仙台市#動物病院#ビデオオトスコープ#犬の外耳炎#猫の外耳炎#慢性外耳炎#治らない外耳炎


犬の歯周炎(病)の経過

今回は、前回実施した犬の歯周炎(病)の歯石取り後の経過です。
病状にもよりけりですが、歯石や歯垢の除去をしっかりと治療すると3日程度で、下の写真くらいに炎症が落ちついてくれます。
今後は、歯みがきなどのデンタルケアをなるべく実施していただき、定期的に歯科検診にて観察させていただきながら、その子の歯に対してなるべくベストな方法をフォローアップさせていただきます。

犬や猫でも定期的な歯の健康診断はとても大切です。
リビングでくつろいでいるときにでも、今の歯の状態がどうなっているか確認してみてください。

現在、歯石取り(歯科検診)の冬のキャンペーンを当院では行なっております。下記のような症状が見られた場合は、お気軽にご相談ください。

●こんな症状が見られたら、すぐにご相談・ご来院ください。
□よだれが多い、口の中がネバネバしている
□口の中が臭い
□歯石がついている
□歯茎が赤い
□口の中が出血している
□最近、歯が伸びたきがする
□歯がぐらついている
□食欲がおちてきた
□硬いものを噛まなくなった(食べなくなった)
□口を触ると嫌がるようになった

#動物病院#動物歯科#歯石除去#歯石取り#歯石除去手術#犬歯石#犬歯みがき#犬歯周病#猫歯石#猫歯周病#猫歯肉炎#避妊手術#外耳炎#宮城県#仙台市